マイニチ歩コウ

カテゴリ:未分類( 22 )




international day

a0157237_16354617.jpg


娘が日本人から
a0157237_16354623.jpg


[PR]



by hasekei_kei | 2015-10-13 15:55

no title

今回の3人旅ですが、行きはエアーで、帰りは寝台列車にて。

行きはいろいろ調べたものの子供2人いるとタイ国際航空が最も安く。

スカイスキャナー

こちらのアプリでいろいろ比較して、
更にその航空会社のHPも調べて最安値を見つけ出します。
あとは出発到着時間を加味してセレクト。

a0157237_14152387.jpg

そして帰りは寝台列車!
こちらがチェンマイ駅。田舎の駅です。

a0157237_1415261.jpg

乗ったバンコク行きの電車。
チェンマイ発16:00の電車は昔日本で使われていたブルートレイン。
タイ国鉄カラーの紫に塗り替えられています。

本当は2等車の女性子供専用車両を予約しようと思ったのですが、
満席で1等車を2部屋確保。
(1室あたり子供1人大人1人まで、とのこと。)

a0157237_14163085.jpg

チケットはこんな感じ。
今回はHISのカウンターで手配しましたが、最寄り駅で購入可能。
日本で乗るのと比較したら1/3〜1/2の価格ですが、
今回は飛行機代の方が安くついた。笑

a0157237_14153128.jpg

JR西日本で使われていた車両ですね。
部屋同士はコネクトできます。

a0157237_14153995.jpg

駅近くのカフェで買ったタコスとベーグルと。

a0157237_1416277.jpg

車内食堂車でオーダーしたヤムとを夕食に。
(オーダー取りに来てくれます。但し高くて普通…)

a0157237_14162852.jpg

18時過ぎるとベッドメイキングに来てくれてこんな風に。

あとは揺られて、のんびりと。
途中までは山岳地帯なのでゆっくり進む電車。
平野部に出ると加速します。
1時間に1駅止まる感じかな。

子供たちは爆睡でしたが、私はうつらうつら。

a0157237_14162929.jpg

意外に(失礼!)ほぼ定刻についてびっくり!
到着のファランポン駅は風情あります。

電車の旅もいいかも。
[PR]



by hasekei_kei | 2015-04-17 14:16

chiangmai vol.1

実は初めてのチェンマイ。

2週間の春休み(娘は5週間だけど…)、
キッズキャンプに子供たちを放り込むのもいいけど、
1週間×2人分なら相場1.5万B(6万円)、
なら子供連れてどっか行こうか?と思ったのが始まり。

知り合いが行って、とてもよかったとのことで、
今回泊まったのが ホシハナビレッジ

a0157237_17373718.jpg


こんなプールがある広い敷地にいくつかのコテージがあり。
自然いっぱい、と流れる空気の緩やかさと。

初めてのチェンマイなので、
セラドン焼きとか、雑貨屋さんとか、ナイトサファリとか、
行く前はどこへ寄り道しようと考えたのが、
過ごして行くうちに全部吹っ飛んだ!笑

結局、プール三昧、あとはのんびり、で4日間。

a0157237_17373870.jpg


映画好きな人には分かるかもなのですが、
「プール」の舞台になったそうで、
桜沢エリカ書き下ろしの漫画を読みました。
チェンマイのゲストハウスで働く母を訪ねた娘とその周りの人たち。
すれ違う想いと、次第に開いていく心。
人は人、それぞれである、と言うメッセージ。

映画は酷評もあるようですが、この時間の流れで読んだら、分かるなぁと。

いやぁ、のんびりしました!
[PR]



by hasekei_kei | 2015-04-08 15:30

Module 2 end & 3 start

4週間に渡るタイ語 モジュール2が終わり、3へ進みました。
毎日通うのは大変なんじゃない?と言われますが、
とにかくこのクラスは楽しくて、あっという間に過ぎた感じ。

新しく習う構文やボキャブラリーで一人一人例文を作ったりするのですが、
毎日何かしら笑ったり、横道に逸れたり、
時折、国の違いを考えさせられることを発見したり。
クラスメイトと先生に恵まれたモジュールでした。

a0157237_10471953.jpg

最終日は先生囲んでランチはディムサムと北京ダック!

a0157237_10472029.jpg

美味しい!!

ちなみにタイ語がどれぐらいになったかと言うと、
クラスでの先生のタイ語(ゆっくり)は分かるように、
クラスでの会話はタイ語6割、英語2割、母国語2割な感じ。

アヤさんとの会話ができるようになったのが大きな進歩。
ただやっぱり早過ぎて細かなニュアンスが分からないことも…

a0157237_10472240.jpg

最近、使い始めたのがNHK worldのラジオアプリ。
かなりたくさんの言語でニュースが入っていてびっくり!

聞いてみると早さとボキャ不足とでやっぱりわからない…
ただ単語はちょこちょこ拾える感じ。
分かりやすいはっきりした発音なので、
これがモジュール3でどこまで行けるかな。

モジュール3になったら、ボキャブラリーが倍増で、
前のクラスメイトと四苦八苦しています。
このモジュールが過ぎれば文字に突入なので、
めげないで頑張って行こうと思います。
[PR]



by hasekei_kei | 2014-10-06 10:30

New term starts

New term starts!!

8/25から下の子のインターが始まりました。
前タームはひとつ下の学年に入れていたので、
このタイミングでジャンプアップ、学年相当のK1へ。
ひとつ下のままNusaryのクラスでもよいのかも…
とかなり悩んで、先生とも何回かお話したのですが、
すんなりK1クラスに入り、楽しくすごしており、
「Don't warry too much!!」の言葉通りだなと。

息子との日常会話の中にポッと出てくる英語が最近は面白い。

靴を履いて「wrong side?」とか、
おもちゃをごつんとすることを「No bumping!」とか。

時折、タイ語もチャンポンしてますが、
耳から音を聞いているからか、発音はよいです。さすが…

そして娘は9/1から2学期。
1学期終わりにひとり転校して、今度はひとり転入。
だいたいのクラスがそんな感じなのかも。
だからかオープンな感じが多少します。

a0157237_10211883.jpg

そして私のタイ語も再開!モジュール2になりました。

前のクラスメイトに再会したら「khit thun‼︎」と。
khit=考える、thun=〜まで(from A to Bのto)で I miss you、
タイ語はこんな感じでへーっ!と思うことがしばしば。

モジュール2の先生はほぼタイ語で、
しゃべるスピードも早くなってきました。
出てくる単語の量がモジュール1より倍増なので、
覚えることに苦戦していますが…

新しいクラスメイトもいい感じの人が多く、
毎日の授業が楽しいのは何より!

それぞれの New term 楽しんでいきます。
[PR]



by hasekei_kei | 2014-09-09 10:00

HMCY 旅のコツ

今回の旅行、思いの外楽しめたので、
コツと言うか気を付けたポイントをご紹介。

① フライトは無理ない時間帯に

ホーチミン行きはエアアジア等もあったのですが、
少し高くはなりましたが、今回はベトナム航空で。
なぜなら、エアアジアはバンコク着が夜中になる便だったので。

行きは昼便、帰りは朝便で、到着してからも不安のない時間に。
空港で起きていてくれる(=自分で歩ける)のは助かります。

②観光は無理ない範囲で、詰め込まない

初めての都市なので、最初は現地でツアーでも、と思いましたが、
ホーチミン市内観光、クチ地下トンネル、メコン川クルーズ…
息子と一緒に楽しめるか、と考えたら?で。
ベト飯を楽しむことを目的に、観光はホテル周辺の散策に留めることに。

パパの手があるときはよいかと思うのですが、
現地ツアーは一緒に参加する人に合わせなくてはならず、
逆に迷惑かけることもあるので、避けて正解かと。

ホテル徒歩圏内にオペラやベンタイン市場があり、
空港からの道中で名所を車窓から観れただけでも
十分楽しめたのがホーチミンのよいとこでした。

ホテルをどこにするかもポイントなのかも。
今回はドンコイ通り沿いにしておいて正解!

③子供が食べられる料理を見つけておく

今回の旅で言えばフォーやブン。
息子は少々辛くても大丈夫でしたが、
必ずシンプルなものをひとつはオーダーしておくこと。
チャーハンもあるのですが、子供によっては米が違って嫌がることも。

食についてはもうひとつ。
大人もあまり冒険しないこと。
屋台なども食べたいなぁと思ったのですが、
自分が体調崩したらダメなので、今回はパス。

④抱っこひも持参

日常生活では全く使いませんが、旅には持参。
お昼寝してしまって荷物がある時には便利。

でもなるべく歩けるときには歩かせる。

ホーチミン街中は歩道もしっかりあるので、
バンコクに比べたら歩きやすいこと限りなし!
慣れていないと道を渡るのも大変ですが、そこは慣れたもの。

ただホーチミンはバンコクに比べてバイクが多い。
しかもバイクは反対車線も走るので、よく見て渡るのが大切。

⑤荷物は最低限に

4日分ですが、こんな感じ。
・息子の服 4日分+2着ほど
・自分の服 4日分 ボトムは着回し
・パジャマ、水着(ヘルパーも忘れずに)
・洗面道具、メイク用品
・ガイドブック
・オムツ、おしりふき

機内持ち込みサイズでコンパクトに。
行きは持ち込み、帰りは預け入れにしました。

何か体調崩した時の用にレメディーと、
ホテルでリラックスするためのオイルは忘れずに。
今回、シャンプーを忘れて現地で購入しました。

a0157237_16455892.jpg

こちらは亜莉さんにオススメされた本。
私も一度だけ行ったことあるベトナム料理教室の主宰、
伊藤忍先生が書かれた本でベト飯を知るにオススメな本!
朝昼晩おやつ、と分かれていて眺めているだけで面白い。
お店情報がちょっと分かりにくい構造になっているので、
これにガイドブック併用で最強かと思います。


子連れ二人旅なので、行動範囲も狭く、
ドンコイ通りを行ったり来たり。
それでも楽しめたのはベト飯のおかげかも、

バンコク滞在中に伊藤先生とのツアーに参加したいぞ…
とベト飯にはまりそう。。。

子連れ旅、母子旅のご参考にしてください☆
[PR]



by hasekei_kei | 2014-08-16 11:30

HMCY 後半

つづきです。

そして3日目も午前中は街中探検。
プラバッグが欲しくて有名なお店まで行きましたが、
ほしい色、形、値段ではなく断念。
国営百貨店でかなり交渉して、11万ドン(約550円)で購入。

ベトナムはこのふっかけが嫌だなぁ…

a0157237_1345469.jpg

お目当てのカウベラホテルのアフタヌーンティーがなくなっており、
急遽、ホテル前のベトナムハウスにてフォーを。

フォーは好きだったけど、ブンの方が好きかも?
と気付いた今回の旅。

a0157237_1345782.jpg

アオザイなんかもレンタルしてみて。
デポジットは別に必要ですが、約500円。
COCOと言うお店ですが、レンタル用は10着ぐらいかな。

a0157237_1345954.jpg

最終日はリバーサイドの新しいホテルへ移動。
ホーチミンの目抜き通りのドンコイ通り突き当たり。

a0157237_1345895.jpg

メコン川を眺める良いお部屋でした。
夕方がキレイ!

午後からは屋上にあるプールにて泳いで。

夕方お昼寝の時間にホテルのバーへ行き、
スパークリングワインをいただくのんびり時間も。
(息子はソファでぐっすり…笑)

a0157237_135222.jpg


再び街へ繰り出し、最後の晩餐へ。

nha hang ngon

屋台が集まったようなお店ですが、
オシャレに仕上がっています。

a0157237_135360.jpg

バインセオを頼もうとしたら間違ってバインベオ。
これも食べたかったものではありますが…
作りはファストフード的なのかな。少し残念。

a0157237_135655.jpg

ブン チャー、ブンと春巻きをタレにつけて野菜と一緒に。
味付けが甘いけど、美味しい!

a0157237_135850.jpg

再びブン ボー フエ。味は昨日のが上。
息子が「スパイシーがいいの」と唐辛子を投入。
大変なことに(笑)
チェー、食べたかったのにバニラアイスに変更。。。

a0157237_13510100.jpg

こんな感じで料理作るところも見れます。

a0157237_1351112.jpg

翌朝、ホテルからの朝焼けにウットリ。

a0157237_1351477.jpg

空港でも最後のフォーを食す。

a0157237_1351515.jpg

ベトナムコーヒー飲んで、ドン使い切り。

思った以上に楽しめた今回の旅でした♪
[PR]



by hasekei_kei | 2014-08-13 10:00

HMCY 前半

今年の夏は特別編成にて、娘パパ組は日本へ一時帰国、
息子ママでホーチミンに行くことにしました。
家族揃っての一時帰国は来夏の予定です。

a0157237_863289.jpg

初、ホーチミン!
4年前、息子がお腹の中にいるときに出張に来たのがハノイで、
息子との二人旅記念もベトナムにと。

青空にベトナムの国旗が映えます。

初日は院のときのインターン同期が偶然、
仕事で来ており、5年ぶり?の再会を。

しかも案内してもらったお店は行こうと思っていたところで。

Hoang Yen

a0157237_863042.jpg

ハスの葉にくるまれたチャーハンや。

a0157237_863131.jpg

豚肉のココナッツジュース煮、ゴイクンなどを。

美味しい料理とお久しぶりに会う友人とで幸せ。

a0157237_863128.jpg

翌日、ホテルで食べた朝食が思いの外美味しくて。
タピオカ粉の麺だと思います。モチモチ。
翌日はバミー(小麦麺)だったので残念…

そして、デパートと市場へショッピング。

久しぶりのバナリパに嬉しくなりましたが(バンコクにはありません…)
何だかこのお値段だと心ときめかなくなっていることに気づき、見るだけに。

ベンタイン市場も観光客向けで、ふっかけがすごく見るだけに。

a0157237_86331.jpg

市場内が熱いので、休憩がてらにチェーを。

a0157237_863313.jpg


お昼は市場裏の路地裏でブン ボー フエを。
フエ料理、かなり好きです。

ホテルに戻ってからプールで泳ぎ、その後、マッサージへ。
子連れでもOKなのが東南アジアのよいとこ。
前半は隣で騒がないかハラハラもしましたが、
30分後にはぐっすり寝始め、90分のコースを満喫。

夜ご飯は昨日と同じとこで。

a0157237_863453.jpg

ゴイクン、再び。

a0157237_863529.jpg

紫芋と豚肉のスープ、絶品!

a0157237_863527.jpg

ハマグリとニラのレモングラス蒸し。

ベト飯はやっぱり美味しい!

つづきます。。。
[PR]



by hasekei_kei | 2014-08-11 19:00

birthday and the last day...

とろける暑さが続くバンコクでも雨季っぽさが出てきました。
時折降るスコールに、東南アジアらしさを感じます。
来タイした11から3月にかけてはほとんど雨が降った記憶がなく、
初めての雨季がどんなものか、ドキドキしています。

さて、すっかりブログの更新が途絶えておりますが…
先日5/31は自分の誕生日でした。
Facebook、LINEなどでメッセージをたくさんもらい、
離れていても変わらないなぁ、と感じたスタートでしたが、
子供達をサタデースクールに送った後、祖父が亡くなったとの一報を妹から受けたのでした。

a0157237_1244352.jpg


老人ホームに入っている祖父が体調を崩し、
入院していることは聞いていました。
その日の朝はまだ意識があったそうで、祖母と母に看取られて、
眠るように息を引き取ったとのこと。
93歳でした。

両親も共働きで、祖父母と同居していたので、
小さい頃から私たち姉妹を公園へ連れて行ってくれたり、
習い事へ送り迎えしてくれたりした祖父。
両親とはまた違う、いわば初めてのサードプレイス的な存在だったと思います。

私が上京してからは年に2度ほどしか会えなかったけど、
戦時中、タイにいたこともある祖父は、私たちの渡タイを伝えると、
「タイの人は裸足で歩いててね…
○○と言う食堂があってね…」と話してくれたのでした。

そんな祖父が、私がタイにいるときに、
私の誕生日を最期の日として選んだことは、
何だか偶然には思えませんでした。

娘の学校もあり、最後まで帰国は悩んだのですが、
今回はバンコクにてお祈りさせてもらうことに。
もうおじいちゃんと握手出来ないかと思うと
やっぱり行っておくべきだったか、ともふと思います。


この前の一時帰国で、なかなかこれから集まれないだろうと、
忙しい時期だろうに妹が食事会をアレンジしてくれ、
祖父母、両親、妹夫婦、私たちで過ごすことができました。

もう一回、会えるかな、とも思いつつ、もしかしたら最後かも、とも少し覚悟もして。
だからあの時、一緒に食事できたのが
とても貴重だったと改めて思っています。


ふとした瞬間に蘇ってくるおじいちゃんとの思い出。
たくさん可愛がってもらったのだなぁと。

おじいちゃんもバンコクの空に来て、
その変わりぶりにきっと驚いているでしょう。

バンコクの空の下で、合掌。
[PR]



by hasekei_kei | 2014-06-06 11:30

来タイ半年

久しぶりのブログ更新になってしまいました。

a0157237_15321879.jpg


今日でちょうど来タイして半年。
(一時帰国もしていたので正確には半年弱なのですが…)

母子での一時帰国中に義父が急逝し、御通夜、葬儀を終え、
予定外に家族4人でバンコクへ戻ったり。

その後のソンクラン休暇には、ゆっくりしようと
予定通りペナン島へ旅行に行ったり。

翌週からはマンモス校の日本人小学校に娘が通い始め、
初めてのバス通学、初めてのお友達に先生に、
そして毎日のお弁当に、ととにかく日々が慌ただしく過ぎました。

ようやく一呼吸。
そんな最近です。

ソンクラン休暇開けて戻ったら日本人家族が増えていたコンド。
環境もいろいろと変わってきました。

a0157237_15322143.jpg


一時帰国から帰ったら、当分は日本に戻らないかなとも思い、
一時帰国後からがようやく「住む」ことになるんだな、と思ってたけど、
バタバタするうちに帰ってきたら何だかホッとして。
短いなりにもう「住んで」いたことに気づいたり。

まぁ、思いの他、日本と変わらない生活をしているし、
「何だかんだ言って楽しんでいるじゃん」
と相方からは言われますが、確かに…ね。

5月、といえば過ごしやすく大好きな季節なのですが、
ここバンコクでは溶けるような暑さで
参るのが難点ではあります。
だけどそんな季節も折角だから味わおうかと。

写真はスイミングでの息子の様子。
日本で初めたスイミングもバンコクで続けて約1年。
コーチに投げられても平気、寧ろ楽しむように。
私もいろいろと飛び込む時期なのかもね、と。
[PR]



by hasekei_kei | 2014-05-14 12:00

日々のことを思うままにつづります。
by hasekei_kei
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
bangkok
workshop/ours
workshop/WSD
workshop/others
delicious!
pan-kiso
ayuka & yushi
about me
jibun-migaki
odekake
okaimono
beauty
book
ninpu
daily
未分類

最新の記事

hua hin vol.1
at 2015-10-25 17:00
international ..
at 2015-10-13 15:55
new school, ne..
at 2015-08-26 16:30
no title
at 2015-04-17 14:16
chiangmai vol.2
at 2015-04-11 22:00

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧