マイニチ歩コウ

カテゴリ:jibun-migaki( 52 )




トリートメントへ

先週の話ですが・・・前回も前々回も訳あって泣く泣くキャンセルした
亜莉さんのトリートメントへ行ってきました!

ほぐれ様、緩み様がハンパない。
かさかさしていた心と身体にオイルがぐんぐん染み入って、
ほわわーん、とした気持ちで pan no me を後にしました。

ただでさえ苦手な春。
しっかりセルフケアしなかったツケなのか、
出産した去年より多分、調子が悪い。
(去年は妊娠中で月1で通っていたのだ。
花粉症もほとんど出なくて、何より出産も産後も快適だった。
今年の冬はちゃんと、と思い、手帳に記入しました・・・。)

それでも身体が不調だ、と
認識できるようになっただけ成長したのかも。
ここがイマイチで、とか、こんな精神状態で、とか、
そして施術後どんな風になりたいのか、
身体を感じることやイメージすることが苦手だった数年前より、
きっと意識出来ている。

今日は最初のカウンセリングで、
ピッタが上がっていることや、復帰に向けて緊張していることを伝えて、
(しかも社会性を示す右側に不調多発ということ!)
イメージは緊張をとってエネルギーを充電、という感じ。

施術中は身体のあれこれをおしゃべりしながら、
後半はハーブ浴で蒸されつつウトウトしながら。

施術後は顔色がすこぶるよくなりました。
a0157237_911729.jpg

施術後のランチは薬膳カレー。染み渡るウマさでした。
これが楽しみで午前中に施術の予約を入れるのだ。

pan no me を出たら、
肩の力は抜いていこうよ のメッセージが降りてきた。

意外と言われようが、新しい環境は大の苦手。
場全体を把握しようと神経がピリピリとなる。
そして肩に力が入るときこそ、トラブって上手くいかないのだ。

次の火曜日は内示。その次の火曜日は辞令。
ある意味、いいタイミングで来れたのかも。
この日、いただいたメッセージは忘れないようにしよう。
[PR]



by hasekei_kei | 2012-04-23 09:00 | jibun-migaki

自分の中から

水曜日は涼木ゆかこさんとのセッション。
東京駅近くのPAULで。
場の持つ力って大切だよね〜って話になって、
パン×解放感で選んだ場所。
ゆかこさんとのセッションは本当に前向きになる。そしてその質問力。
(まだ、もわもわっとした部分を味わっている最中。これがコーチングの醍醐味。)

ゆかこさんからは、こんな言葉を。
過去は材料、それがギフトになる瞬間がある


木曜日はママイキマスターのyukkie♪さんのワークショップ。

マイエッセンスを探そう、というテーマ。
ここでも出てきたのは「家族」だった。

yukkie♪からは、こんな言葉を。
過去はリソース、つまりは「たからもの」
あるのになかなか気付かないね、と。


その日は潜在意識から健在意識に
ぴん!と上がってきたものがあって、
あぁ、こういうのも体感なのかもと思ってみたり。
しかしyukkie♪さん、引き出し方が上手いですね。やられました。

a0157237_16573899.jpg


カフェのらでのランチ!美味しいものも、私の大好きなもの。

金曜日はのWoman's Visonさんをお招きして、
育休ママのためのワークショップ。

今、感じている不安を吐き出して、
そこからライフラインのワークをした。

これもね、心地のよい場所だった。

過去の駄目だった自分も含めて、今の自分を作っていることが振り返れて、
頑張り屋さんだったんだ、私、と少しずつかな、認められるようになってきて。
これからは頑張れない自分も認めてあげたいな、そんな気持ちに。



育休中にやりたかったことは、自分を見つめなおすこと。
家族とのこと、はたらくこと、そしてその根底にある生きること。
自分の中から、答えが出てきている。
すごいな、自分。頑張って見つめなおせているじゃん、って。

復帰後の自分を想像すると、きゅーっと心が縮むこともあるんだけれど、
一方で、大丈夫だよ、と言っている自分にも出会えたりする。

あと5ヶ月の育児休暇、その時、私は何を考えているんだろう。
[PR]



by hasekei_kei | 2011-10-14 16:36 | jibun-migaki

[再受講]山南先生の離乳食講座

アユカの時にも受講しましたが、再度聞いてきました。
山南先生の離乳食講座。山南先生は小児科の先生です。
完全母乳で育てている人向け(というか限定)の講座です。
4年ぶりに聞いたけれども、これおススメ。
でも4年前からレジメは変わっていないかも・・・。

以下、ざくっとした内容です。

完全母乳の子供に対しては:補完食
・6ヶ月まで母乳以外※のものは与えない
※白湯、果汁、重湯、スープ、味噌汁等
・6ヶ月からは特に鉄分、そしてカルシウムに気を付けながら、
始めから、おかゆ・野菜・汁・タンパク質の4品を食べさせてOK。
・好きなだけ食べさせる。仕上げはおっぱいで。
・母乳は2~3歳までは完全栄養食(鉄分、カルシウムは除く)なので、
最低でも1歳まで、できる限り与えるとよい。

対して混合、ミルクの子供に対しては:離乳食
・白湯、ジュース、重湯等で練習
・4~5ヶ月から離乳食を始める
・9か月~1歳で粉ミルクを止める(断乳)このあたりが大きな違い!

講座開始直後に先生、「今日は離乳食の話は聞けません」なんて言うので、
みんな?となるんだけれども、補完食って考え方がポイントなのです。
そのほか、大切なポイントとしてはこちらかな。
これ以外にもアレルギーの話等も盛り込まれていました。

・親が食べているものを取り分けるのが基本
親は秋刀魚なのに、赤ちゃんには鯛、とかって確かに変。

・ママや兄弟、家族と一緒に食べる→食育の基本
赤ちゃんが寝ている間にママがご飯をこっそり食べるのは×、
確かにそうだよね~。

ちなみに離乳食を作るのに必要なのはすり鉢のみ!

私もアユカの時、これを聞いてすり鉢しか用意しませんでしたが、
それだけで十分でした。(時にフープロはあるから使ったけど。)
よく売っている離乳食セットとか、いらない・・・。

あと、アユカの時に、先生の話も聞いて、唯一こだわったところは、
市販のベビーフードを食べさせないこと、だったかも。
あれは何だか美味しくなさそうで、食べさせたくなかったのだ。
これもユウシの時もできるといいな。

終わった後にはとがや助産所の鵜野洲先生もいらっしゃったので、
ユウシの成長っぷりをみせて、抱っこしてもらいました!
アユカも久しぶりに会えて嬉しそう。

で、ちょっとばかり気になったことを聞いてみる。
私「食べたがるので、6ヶ月待たずにスタートしてもいいんですよね?」
先生「いいよ、いいよ~。食べたそうでしょ?」
私「母乳が辛くなったら白湯とか飲ませてもいいですよね?」
先生「いいよ、いいよ~。そのうち、麦茶とかストローで飲むから。」
このゆるさ加減が嬉しいです。ありがとう、先生~。また会いに行きます。

もう既に、私がご飯を食べているとお皿やお椀に手を伸ばすユウシ。
食べる気、満々なのです~。10月ぐらいからスタートしようかな?

ちなみに月に1回、川口市の婦人会館で行われています。
子連れOK、土曜開催なので、パパも10人ほど参加してました。
詳しい日程や申し込みははとがや助産所まで。
[PR]



by hasekei_kei | 2011-09-21 06:00 | jibun-migaki

[手帳]あな吉さんの手帳術へ!

another kitchen はちょっと遠いのだけども、育休中に行ってみたかったのが、
主婦のための手帳術!

行ってきました~。
座学タイプで進む講座、あな吉さんのところでは初めてかも。
手帳術とは何か、あな吉さんが手帳術を知る前のお話や、
世の中の手帳術は「ビジネス向け」が一般で、「主婦向け」がないこと、
あな吉流手帳術の基本システム、さらに応用まで盛りだくさんな内容でした。

ポイントをいくつか。
マンスリーは「スケジュールを書くためのもの」
ウィークリーは「1日の時間の使い方を具体的に考えるためのもの」


付箋の活用
あな吉流手帳術は付箋術と言っても過言ではないとのこと。
付箋はtodoリストとwishリストに分けるのがポイント

・付箋が剥がせないときは、
「細分化」「人に任せる」「目的自体を変えてしまう」

で、この講座で今まで何となく感じていたけれども、ガツンときたこと。
手帳は自分流にカスタマイズするしかない!

世の中にいろんな手帳術があって、それこそ、私も最近ジプシーで、
アクションプランナー、カツマー手帳、シンクロニシティ手帳、と使っていますが、
誰々さんが作った手帳は誰々さん専用なんだよね、ってこと。
「自作するしかない!」と肝が据わったことがこの講座で得た一番のこと。

で、そう思って実はエクセルで少しずつ作り始めていた矢先でして。
(シンクロニシティ手帳の構成要素はとっても気にいっているので、それは取り入れたくて。)
2012年用に、と思っていましたが、これまたあな吉さんの
「1年使う義理はない!」とのお言葉にガツン。
8月から乗り換えようかなぁ。。。

帰りにハンズへ寄って、必要なアイテムを揃え、作ってみました。
a0157237_8325022.jpg

ウィークリーに関して、あな吉さんは一面で見れるタイプがおススメとのこと。
しかし、バーチカルタイプがどうしても譲れなくて・・・。
プロトタイプを試作中ですので、また続きは後程。
でも付箋にやりたいことを書きだすだけで、脳がクリアになってくるから不思議!
a0157237_22101731.jpg

いただいたランチも美味しかったです~!
[PR]



by hasekei_kei | 2011-07-29 07:09 | jibun-migaki

[リスニング]モニター体験しました

ライチさんのブログから「ブライトリスニング」というものを知り、
それと似ている名前の「プレシャスリスニング」という存在も知りました。

ここ数年、受けたいなぁと思いつつあるこれらのこと。
美塾やこぶたラボ、pan no meで何度かお会いしていたあちゃかんさん
ピースフルコミュニテーション」を受講されていて、
リスニングモニターを募集しているということで、体験してきました!
場所は池袋のスタバ。ユウシも連れて行ってきました。

私自身、コーチングを何度か受けて慣れているからか、
どうしても「リスニング」には「聞いてもらうだけ」のイメージがあり、
自分自身の答えが自分の中から出てくる感
を本当に感じれるのか?と思っている部分がありました。

で、あちゃかんさんにもそのことをお話しした上でスタート。
お話したのは仕事のことでざっくりとこんな感じ。

『育休はとっても楽しいんだけども、
復帰後のことを考えると不安になる。
なので、仕事の話は今は蓋をしておきたい状況。
そろそろ向き合わねばとは思っている。』


どこをどう話したのかログを取っていないのであれですが、

・すとん!と腑に落ちたもの



・もやもやしながらも、
糸がほどけてくるような感覚になったもの


があったのです。

・アユカのときの職場復帰の時には感じていなかった不安を
今回はどうして感じているのか

・組織の閉塞感を感じており、それを一人の力では
どうしようもできないと無力感に襲われている理由
→その解決策に向けたsmall stepsはいくつかあるのでは?

・働くことが好きだったのに、今はどうして居心地が悪いのか
→同僚に対する劣等感からだけ?

・今の部署に対する不満を見つめなおす
→ようやくやりたかった仕事の分野なのになぜ不満?
→それって転職すれば解決できるもの?

(これらは自分が直接お話ししたものや
口に出さずにも心の中にふと湧き起こったもの含まれています。)


あちゃかんさんは「○○はどうして?」と一歩深い聴き方をしてくれました。

例えば、転職願望があることをお話し、その理由は
「自分に市場価値がない気がするから」と答えました。
出産前、転職活動をしたことがあるのですが、
民間に勤めていないとそもそも門前払いの会社もあり、
「あ~自分って市場価値ないんだ」という思考に陥ったのです。
転職できればそこに自信が持てるような気がして・・・。

で、ここであちゃかんさんが聞いてくれたのが、
「市場価値があれば、はせけいさんはいいのですか?」
という質問。

自分の中でも咄嗟には答えが出てきませんでした。

出てこなかったんだけど、なぜ?と自分自身の中での対話が起こる
で、うまく言語化できないんだけども、そこを言葉にすることで、
「あぁ、自分ってこう思っていたんだ」と自分を客観視できる。

そして自分のパターンが見えてくる。
では、これから先私はどうアクションしていけばよいのかも、
朧げながら見えてくる。

実はこの前後で「仕事に向き合わねば」の流れがあった。
最近、すごくシンクロニシティとか、自分の引き寄せ力というか、
そういうものを感じるのです。そんな日々に感謝だな。

もーちょい、仕事のことに関してはリスニングしてもらいたい。
あともうひとつ、プレシャスリスニングで考えたいことがあるんだけど、
もーちょい時間がかかるかも。

あちゃかんさんはこちらの本を書かれた方の講座を受けたそうで、
これも読んでみたいと思っています。
すべてをシンプルに解決する 脳のスイッチすべてをシンプルに解決する 脳のスイッチ
小玉 泰子

青春出版社 2010-04-24
売り上げランキング : 196697

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

とってもよい体験でした!
[PR]



by hasekei_kei | 2011-07-24 00:00 | jibun-migaki

[女子力]ファッションレスキュー座談会

行ってきましたファッションレスキューの座談会
場所はいつものスイートルーム代官山
今回は20名近くのママが集まりました~。圧巻。
幹事のイーラさん、ありがとうございました!

今回は大変身した方のご報告会も兼ねていまして。
一番はダントツでふみさんですね。一瞬、ふみさんだと判断できなかった。
スタイリスト黒田さんのブログふみさんのブログをお訪ねください。
a0157237_2144659.jpg

こちらがスタイリストの黒田さんと、今回は巻物王子・森田さんのWキャスト。
ふみさんをはじめ、ファッションレスキューで変ったスタイルをお互いに披露。
私も同行していただき購入した、ジーンズやネックレスをつけて行きました。
なかなか好評で嬉しかった!
a0157237_2144784.jpg

で、それから。不要な小物の交換会が始まりました~。
私も中央の青いポンポンストールとネックレスを放出。
ストールはアダムエロペで買った新品なんだけども、
黒田さんに「似合いません」とはっきり断言されたもの。
でもこちらのストールが似合う方のところにお嫁入りして、
偶然、その方のストールが逆に私のところにお嫁入りして。
ストールは難しいけれども、分かってくると面白い小物だって再認識。
でも難しい!

で、今回の交換会で一番の大変身が最年少参加者の桃ちゃん
こちらも桃ママのブログを見て見て~って感じ。
黒田さんが持参した大人用のニットスカートに、
不要な小物から花のコサージュ、そして桃ママのストールで、
ビーチガールの出来上がり!可愛い~の大絶賛でした。

a0157237_2144769.jpg

最後の方で、黒田さんから「これははせけいさんに似合いそうな帽子」と
かぶらされて、びっくりした帽子。
苦手アイテムの帽子なんだけども、これならいけるかも・・・。
と気に行ってしまい、今度、帽子をお願いしました。

その後のランチもマンチーズデリのケータリングでおなかいっぱい。
楽しいひとときを過ごせました!

で、帰りには代官山のアップリカに寄ってきて、
こちらのベビーカーを買っちゃいました!
スティック コスメクルール
「北欧のママ」を目指して、と言われ、鞄にも靴にも赤が入っていて、
赤いベビーカーがほしくなったのです。
三輪タイプのものにも魅かれましたが、こちらに決めちゃいました。
若干大きいけれども、走行性・安定性もいいし、
ユウシを乗せる部分が路面から離れていて、それがとってもいい。
ちょうど首座りぐらいから・・・ってことで愛用しようと思います。
a0157237_214476.jpg


ファッションレスキュー、また利用させていただく予定。
プチ同行で帽子を買おうかと。
実はこれには伏線を張ってあり、パパを同行させるつもり。笑
黒田さん・森田さんにも「半年以内にパパを連れていく」
と宣言したので、その伏線なのです。もちろんパパにはばればれ。
「こっちがお金出すから行ってみようよ!」と誘っても駄目なパパ。
でもパパにもこの良さを知ってほしいのです。どうなることやら。
[PR]



by hasekei_kei | 2011-07-19 00:00 | jibun-migaki

[無料!]あな吉さんのお料理教室@新宿クリナップショールーム

あな吉さんのお料理教室が無料!というのをmixiで知り、
参加してきました~。
川口にあるエスケー住建さんとのコラボ企画でした。
会場は新宿にあるクリナップショールーム。キレイ~。
知らなかったんだけども、ちょうど登録しようかなって思っていた、
ドリーミアクラブを運営しているのがクリナップだったらしく、
ここでもシンクロにびっくりしました。将来、こちらでパン教室やりたい~。
a0157237_21392931.jpg

お料理を説明するあな吉さん。
本日は10分で出来る夏料理ってことで、ラインナップはこちら。
・冷製トマト豆乳ポタージュ
・肉なしチンジャオロース
・ゴーヤの肉詰め風フライ
・アラブ風ライスサラダ
・ひとくちしそおはぎ
・(サービスメニューで)ソーダブレッド
a0157237_21393147.jpg

ランチです!簡単だし、美味しい~。
特に冷製ポタージュは混ぜるだけなのに、
しかも豆乳もトマトジュースも単品で呑むのは苦手なのに、
合わせるとあら、不思議!おかわりまでしました。
チンジャオロースはあゆかが「おにくちょーだい」と気に入ってました。

a0157237_21393447.jpg

お土産もいただきました。嬉しい~。

今度、7月末に手帳術に参加するので、ますます楽しみになりました!
[PR]



by hasekei_kei | 2011-07-11 00:00 | jibun-migaki

[女子力]再びファッションレスキューへ(コーディネートレッスン編)

事前カウンセリング同行ショッピングに続き、
コーディネートレッスンをお願いしました。

事前に手持ちの洋服・小物類をファッションレスキューに送付します。
(あるいは自宅に来ていただくのも可能です。)

で、当日。
到着するとホワイトボードにこんな記載が。
a0157237_21394345.jpg

スタイリストの黒田さん、前回のカウンセリングから今回にかけて、
私の印象が変わってきた、とのこと。
最初は「キャリアウーマン」的匂いがすごくしたらしいのですが、
今回、育休中であることや開催予定のパン教室のお話をし、
また、前回、畑やキャンプなどアウトドアが好きな話もしたため、
こんなキーワードが出てきました。

「ナチュラル」「ヘルシー」「キュート」

へっ?キュートですか・・・。かなり意外な答え。
聞いてみると、他のお友達のカウンセリングの中で出てきたとのこと。
声やしゃべり方が可愛らしい、らしい。想定外でびっくり。。。

で、そんなテーマで買い足した服たちと手持ちの服で、
黒田さんが次々とコーディネートをしてくれます。
ここには載せていませんが、かなり上級なコーディネートまで。
うぅ、着こなす自身がない。。。
a0157237_21393650.jpg

これにそのスニーカーを合わせますか!?
って何回聞いたでしょうか?
黒田さんは「これ、かわいい~」を連呼。
最初は「えっ!?」って感じですが、だんだん可愛くみえてくるから不思議。
a0157237_21394176.jpg

このワンピースにはレギンスしか合わせたことないのですが、
私はレギンスのイメージではないと!なんとっ!
カーゴパンツを合わせてみたり。うん、確かにこっちの方がいい。

私のテーマとしては海外系セレブファッションだそうで、
しかもNYやLAやロンドンではなく、北欧系がしっくりくると!

ほぇ~って感じのコーディネートレッスン。
手持ち服がかなり使えることが分かってよかった~。
一部、これは駄目って、駄目だしされたラインのものもあり、
それは近々、手放そうと思っています。

あと、リクエストしていたエプロンは8月下旬までに、ということで、
再び、プチショッピング同行をお願いする予定~。

で、周りのネットつながりママがかなりファッションレスキューに行っており、
お友達がお披露目会+黒田さんのワンコインレッスンを企画してくれました。
こちらも合わせて、楽しみです!
[PR]



by hasekei_kei | 2011-07-08 00:00 | jibun-migaki

[女子力]再びファッションレスキューへ(お買いもの編)

6月29日、13:30に新宿高島屋前に待ち合わせ。
スタイリストの黒田さんと中村さんが同行してくれました。

まずは、ぐるっと高島屋の中を。
【ボーイズデニム】6F ジーンズ売り場
リーバイスのボーイズデニムを3本履き比べ。
最初に履いたのがすんなり来てしまったので拍子抜け。

【はおりもの】8F ドロワットロートレアモン
ロートレアモンが展開するセレクトショップ。
ロートレモアンはシンプルなOL服って感じなんだけど、
こちらは超好みで、しかも全て50%OFFセール中でした。
セール中にも関わらず、平日なので空いており。
黒田さんが最初に出してくれたジャケットはどんぴしゃ。
お会計しているときに、「それが駄目だったら、こっちかなって」
と教えてくれた白カーディガンがまたどんぴしゃで。
2度、お会計をしました(笑)。

【アクセサリー】7F FORSTE
こちらもちょっと個性的なセレクトショップ。
でも素敵なアクセサリーをこちらで2つゲット。
2つで8,000円弱とリーズナブルなのにそう見えない。

【バック】2F ワンダーラスト
「これですか?」と言ってしまったバッグ。
「とにかく軽くて丈夫でアクセントになる5000円ぐらいのバッグ」
とリクエストし、そのリクエスト全てを兼ねそろえているんだけども、派手!!
何種類かあるんだけども、黒田さんがセレクトしたのはオレンジがかった赤。
う~ん、と悩んだところ、中村さんがトリコカラ―のものを持ってきた。
これなら、、、許せるかも、と思い、購入。

新宿高島屋は以上で、ルミネエストへ。

【パンプス】オリエンタルトラフィック
基本、靴は1万以下のものは買いません!
履き心地重視だし、メンテしてでもいいものを少し長く履きたいから。
パンプスやサンダルはカネマツを愛用~。
だけど、こちらのは抜群のコスパってことで、試してみることに。
セールにもなっていて、1足3000円!この価格で靴買ったの初めてかも・・・。

そして次はマルイ本店へ。

【トップス】スーパーハッカ
これも全く買わないブランド。トップスはかなり悩んだ~。
でも黒田マジックにかかったと思い2着ゲット。

最後にフラッグスへ。

【オシュマンズ】Danner
最後にスニーカー。
バッグを選んだときに「スニーカーはさらに派手です」と
事前予告されましたが、ここまでとは。
靴を前にしてしばし悩む。履き心地はいい。けど派手。
ここでも思い切って買ってみた!
a0157237_21392639.jpg

合計10点、はおりモノは1点のつもりが2点、
パンプスもあれば、ってことだったので、かなり満足。

同行2時間なので、その費用が2万円程度かかりましたが、
トップスは50%オフだったので、その価格と相殺され、
かなりお買い得感溢れておりました~。

次なるコーディネートレッスンへ続きます。
[PR]



by hasekei_kei | 2011-07-02 00:00 | jibun-migaki

[dialog]幸せの経済学+ワールドカフェに行ってきた

赤羽でドキュメンタリー映画「幸せの経済学」を鑑賞した後に、
ワールドカフェをするという企画があったので行ってきました!
twitterでつぶやいたら、ぐるモニメンバーが反応してくれて、
みうこちゃん、すみえさん、こんちゃんと参加できました~。

場所は赤羽エコー広場
「都会でむらづくり」をスローガンに活動しているほっと村も入っています。
赤ちゃん連れで参加できる企画がたくさん~。

会議室でプロジェクターを使っての映画鑑賞。
ユウシも比較的いい子にしてくれました。

本も出ています。
いよいよローカルの時代―ヘレナさんの「幸せの経済学」 (ゆっくりノートブック)いよいよローカルの時代―ヘレナさんの「幸せの経済学」 (ゆっくりノートブック)
ヘレナ ノーバーグ=ホッジ 辻 信一 Helena Norberg‐Hodge

大月書店 2009-06
売り上げランキング : 23983

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ちなみに前作はこちら。(今度読もう。)
懐かしい未来 ラダックから学ぶ懐かしい未来 ラダックから学ぶ
ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ 「懐かしい未来」翻訳委員会

懐かしい未来の本 2011-03-20
売り上げランキング : 17467

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あなたは、「豊かさ」をどんなものさしではかりますか?
お金を持っていることでしょうか。便利で、快適な暮らしを送ることでしょうか。


映画はこういったメッセージを投げかけています。

舞台はヒマラヤの辺境ラダック。
消費文化に翻弄されるラダックの人びとの姿をもとに、
世界中の環境活動家たちがグローバリゼーションの負の側面を指摘し、
本当の豊かさとは何か、を説いていくストーリー。
その解決の糸口として「グローバリゼーション」と対局にある
ローカリゼーション」を提案している。(HPより抜粋)

映画は60分強の短いもの。
でも多くのメッセージが含まれていて、見終わった瞬間は、
なんとも言えない気持ちになった。

そしてランチ。(身体に優しそうアワ・ヒエ、じゃがいも・ネギ・キノコのシチュー)
a0157237_21475130.jpg

ランチに4人でどうだったのトーク。
特にこんちゃんが投げかけてくれた疑問。
「子供を育てるにあたり、グローバリゼーションは前提としてあった。
世界に通用する人材に育てる、競争社会を生き抜く子に育てる。
その前提が覆された感じ。」

う~ん、と唸ったところで、ワールドカフェタイムに突入。

ワールドカフェ自体は、普通の手法より簡略化されていて、
正直、もーちょっと上手くできるのでは?と思ってしまったが、
いろいろな方が参加されていて面白かった。

ユウシ連れでメモ取れていなかったのだが、覚えていることとしては、

・消費者として、消費行動は一票を投じるようなもの
自分自身が選択していかなければならない。

グローバリゼーションから恩恵を受けている側面もある。
(例えば、感染症にかかる確率が低い、医療保障が整っている)
「ローカリゼーションの方がよい」と言ったとしても
これらが感染症にかかる確率が高い地域、医療保障が整っていない地域には
届かない、先進国のエゴと捉えられるのではないか。

・核家族化が進み、家族の中での伝承が難しくなってきた
→地域コミュニティという単位でやっていかなければならないのでは。

などなど。まだいっぱいあったのだが、感じとしてはこんなとこ。
20分×2ラウンドだと短いっ!
a0157237_21475378.jpg

参加者の中には、練馬区で畑プロジェクトをやっている方、
自主保育をされている方、子育てママ応援塾のスタッフの方
などなど、か面白い活動をされている方が多くてびっくりした。
そう、最近私の関心である「地域」×「子育て」、
これらは確実に各地で動き出しているんだと感じた。

で、帰ってから、ラダックをリピートしたという旦那に話す。
(リピートしたのは唯一ラダックのみ、と一番気に入っているそう。
私も一生のうちにぜひとも行ってみたいと思っている場所です。)

映画を見ていない彼なのですが、私の話を聞き、開口一番、
グローバリゼーションの対極にあるのは
ローカリゼーションではない
と思うんだよね」と。

「ローカリゼーションを声高に言う人は、
グローバリゼーションの最前線に立ったことがない可能性がある。
グローバリゼーションの最前線だって面白いんだよ。」

うおっ、新しい!
ついつい映画に感化されてしまう私に対して、
彼は物事を批判的・論理的に捉えるところがあって、面白い。

いろいろ話していて、子供の育て方などの話へ行きついたのだが、

・グローバリゼーションにもローカリゼーションにも
いろいろな側面がある。一概にどちらがいいというわけではない。

・私たちが親として、子供に伝えていきたいのは、
世の中には多様性があるということ
また、
その多様性の中で何を選びとっていくのか、その力をつけること
そんなところに行きついた。

彼と話をしていると、視点が違うので本当に面白い。
(「共感してほしい」私に対し、つい「論議」してしまう彼なのだが、
最近、それにもようやく慣れてきた。)

何か同じ体験(映画、演劇・・・)をして、そこで感じたことをシェアすること、
結構、面白いかもしれない。
[PR]



by hasekei_kei | 2011-07-01 00:00 | jibun-migaki

日々のことを思うままにつづります。
by hasekei_kei
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
bangkok
workshop/ours
workshop/WSD
workshop/others
delicious!
pan-kiso
ayuka & yushi
about me
jibun-migaki
odekake
okaimono
beauty
book
ninpu
daily
未分類

最新の記事

hua hin vol.1
at 2015-10-25 17:00
international ..
at 2015-10-13 15:55
new school, ne..
at 2015-08-26 16:30
no title
at 2015-04-17 14:16
chiangmai vol.2
at 2015-04-11 22:00

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧