マイニチ歩コウ

<   2010年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧




[本]超・美術館革命

超・美術館革命―金沢21世紀美術館の挑戦 (角川oneテーマ21)超・美術館革命―金沢21世紀美術館の挑戦 (角川oneテーマ21)

角川書店 2007-05
売り上げランキング : 64047
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
実家の比較的近くにありつつも(と言っても隣の県)、
実はまだ訪れていない美術館。

話自体は「旭山動物園」とオーバーラップするような感じ。
成功するのはトップの方の考え方が斬新だからなのか。
「子ども目線の美術館」というのが面白い。
子どもから本物に触れさせる、という考えも。

早く行ってみたい場所のひとつ。

→金沢21世紀美術館に行ってみる。

以上、私の行動メモ。
[PR]



by hasekei_kei | 2010-05-29 00:00 | book

[本]「マエストロ、それはムリですよ・・・」

「マエストロ、それは、ムリですよ・・・」 -飯森範親と山形交響楽団の挑戦-「マエストロ、それは、ムリですよ・・・」 -飯森範親と山形交響楽団の挑戦-
飯森 範親

ヤマハミュージックメディア 2009-06-21
売り上げランキング : 59364
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
指揮者・飯森範親と山形交響楽団との挑戦というサブタイトルにある通り。
指揮者って会社で言う経営者なんだーと思った。
飯森さんは若いけれども、そういう意味で音楽の才能だけじゃなく、
経営の才能も兼ねそろえた素敵な方だ。
まずは「ムリ」の姿勢だった山響がどのように変わっていったか、
そのストーリーがとても面白かった1冊だった。

山響、一度聞いてみたい!
→いつか山響を聞きに行く!
以上、私の行動メモ。
[PR]



by hasekei_kei | 2010-05-28 00:00 | book

[本]フィンランド式キッズスキル入門

フィンランド式キッズスキル入門―実践例から学ぶ子育てストレスが軽くなるコツ (学研新書)フィンランド式キッズスキル入門―実践例から学ぶ子育てストレスが軽くなるコツ (学研新書)

学習研究社 2009-07
売り上げランキング : 211910
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
これは使えるな、と思った方法。

キッズスキルの15のステップ

子どもとじっくり話し合う
①問題をスキルに変換する
②学習するスキルを決める
③スキルを学ぶことの利点を探る

子どもたちの創造力や個性を生かす
④スキルに名前をつける
⑤味方になってくれるヒーローを選ぶ

やる気と自信を根づかせる
⑥サポーターを募る
⑦自信をつける
⑧お祝い会を企画する
⑨スキルを明確にする
⑩学んでいるスキルを公表する

スキルを身につけていく
⑪スキルを練習する
⑫リマインダーを作る

スキル学習に成功したら
⑬お祝い会を開く
⑭スキルを他の人に伝える
⑮新しいスキルを決める

具体例もたくさん掲載されていて、さっそく実践しようと。

→アユカのトイレトレをキッズスキルで進めてみる

以上私の行動メモ。
[PR]



by hasekei_kei | 2010-05-27 00:00 | book

[本]星野リゾートの事件簿

星野リゾートの事件簿 なぜ、お客様はもう一度来てくれたのか?星野リゾートの事件簿 なぜ、お客様はもう一度来てくれたのか?
日経トップリーダー

日経BP社 2009-06-18
売り上げランキング : 1618
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
星野リゾートって、行きたい場所ばかりだ。

アルファリゾート・トマム
星のや
リゾナーレ
アンジン

星野リゾートでは何かトラブルが起こると「事件」というらしい。
スタッフ自らが考えて行動する。
事件が会社を強くする。

社員が辞めない会社にする、と星野氏は語る。
それぞれのリゾートに物語があって、とっても旅に行きたくなった。
[PR]



by hasekei_kei | 2010-05-26 00:00 | book

[セミナー]NECワーキングマザーサロンファシリテーター研修

NECワーキングマザーサロンのファシリテーター研修に参加してきました。
NECとマドレボニータが共催しているプロジェクトです。
昨年度のワーキングマザーサミットをtwitterで見つけ、
当日TLで追っていて、それで「自分も参加したい!」と思い、応募。
本当はファシリテーターがしたかったのですが、
昨年度のサロンに未参加とのことで、今回はサポーターでの参加です。
マドレボニータの産後のセルフケアクラスは2007年12月に参加済み。
赤羽は水口陽子先生が主催されています。水口先生のブログはこちら。)

今日の研修では、「シェアリング」というワークをやりました。
マドレのこのワークは2年半ぶり。
マインドマップを用いて、「どんなサロンにしたいか?」の
セントラルイメージを書いて、ペアになり、お互いの紙を交換。
一人がしゃべり手、一人が聞き手になってお題について3分トーク。
聞き手はその間、ブランチにWordをメモ。
終了後、聞き手は45秒で話を要約します。で、交代。
a0157237_2357411.jpg

これだけのワークなのですが、その後、全体シェアリングをして、
たくさんの気づきがありました。以下、メモ。

<シェアリングについて>
・要約することで客観視でき、気づくことができる
・ワーク初心者もいるため、初心に戻ることも大切
・まとめずしゃべるだけなのにすっきりすることが不思議
・いいところを見せなくてもよい
・詰まった先に出た言葉が本音だったりする
・マインドマップは難しい けれど有効
・絡まった糸をほぐす感じ、そして結びなおす感じ

<サロンについて>
・地域をより知る、場所が必要
・来てくれた人があったかくなるサロンを開きたい
・フラット感を意識したい
・ゴールがあった方がやりやすい?全体シェアリングをどう進める?
→何かを得てもらう、と思う必要はない
 ?と思っても、それが響く時期が後で来るかもしれない
 「○○してあげよう」とは思わなくてよい
・託児までしてもらい友達に勧めることができるか不安
→託児がなぜ必要かを自分の言葉で説明できるようにする
 それでも分かってくれない人はサロンを必要としない人かも
 必要な人は理解して来てくれる
・もやもや感をしっかり見ることが必要
・心でどう思うかも大切

そして嬉しかったこと!
ちょうどペアになったのが、赤羽マドレ同期の岡島さんだったのです。
2年半ぶりの再会!
「すっきりしたね~、分からなかった!」と言われました(笑)。
(確かに産後5ヶ月での参加だったので、今よりふっくらしていた。
岡島さんもぐっとキレイになっていて、びっくり!)
彼女は当時、栃木の足利から赤羽に通っていて、印象に残っていました。
今も足利で「しゃんしゃん広場」という子育て広場を開いているとのこと。
彼女は昨年、ファシリテーターで、今年はサポーターとのこと。
赤羽時代に語っていたこと、着々と進まれているなぁと嬉しくなりました。

午前中のみの参加だったので、たくさん交流は出来ませんでしたが、
サポートするファシリテーターの方とお会いできました。
6月下旬以降、板橋区・北区・さいたま市付近での開催となりそうですが、
場合によっては川口でも開催できるかもしれません。
また、詳細が決まってきましたら、お伝えしますので、ぜひご参加を~。
[PR]



by hasekei_kei | 2010-05-25 00:00 | jibun-migaki

[アユカ日記]親子遠足@上野公園

お弁当、無事、できました。リラックマもどき弁当。
これ以上は器用にはできません。あしからず。
お弁当箱は前日調達@アフタヌーンティ。レトロな柄。
a0157237_23284248.jpg


保育園の園ママ6組ぐらいと川口駅待ち合わせで上野まで。
現地集合なんだけども、一緒に行こうという話になって、
ちょっと嬉しかったやりとり。

本当によく晴れた一日で、たくさん歩きました!

上野動物園にてぞうとかペンギンとかしまさん(しまうま)とか
かばとかさるとかオカピとかフラミンゴとか。
スタンプラリーみたく、各所で先生からシールをもらいます。
a0157237_23285334.jpg

さる観察中。赤ちゃんさるもいたね。
a0157237_2329437.jpg

ぺんぎん~。
a0157237_23291515.jpg

ママもついでに。

ここでパパからの豆知識。
世界三大珍獣とは、オカピ・コビトカバ・ジャイアントパンダ。
今日は2つ見れました♪

西園を中心にぐるっと回って、お弁当タイム。

お弁当の時間は今年から入園した家族と同じテーブルで、
送り迎えの時間が全く合わない方だったので、
お話しできたのが嬉しかったです。

パパママとの交流もできて、最後はメアド交換(笑)
これも重要。

しかし、アユカの行動が観察できて、嬉しい半面、
親として不安になった箇所もある。
・アユカは団体行動苦手?勝手に先を行く。(相方譲り)
・アユカは興味がないとぼーっとする?(相方譲り)
・アユカは頑固?(私譲り)

まぁ、親と一緒で甘えが出ているのかもしれないけど、
クラスのリーダーじゃなかったっけ(笑)?

ちなみに、あんなに苦労して作ったお弁当は、
「あんまりおいしくなかった・・・」とパパにこっそり告げたそう。
原因は「おいもの皮がついていて苦かったから」だとな。
次回からは気をつけますよっ!

そんなあゆごんの成長をまたしても感じた親子遠足でした。
[PR]



by hasekei_kei | 2010-05-23 00:00 | ayuka & yushi

[セミナー]あな吉さんの起業セミナー&不良妻

応募ぎりぎりになって申し込んだのに当選したセミナー。
すごいねー、北区ってこういう無料セミナーやっているんだ。
しかもあな吉さんが「起業」って視点でお話しするのって貴重。
そう思って行ったセミナー、大正解!

ものぐさ発想の起業術

以下、メモ。

・自分の好きなことを仕事にする

・こだわりポイントを持つ、差別化を図る
例えば、あな吉さんの場合…
 ①レシピを簡単に、材料は入手しやすく
 ②レシピのエンターテイメント性
 ③入会金を取らない、単発スタイル
 ④子連れOK

・料理人/料理講師/料理研究家 は異なる
 人それぞれのタイプを見極めること

・ニーズに合わせる
 自己満では×、つまりこだわりを出しすぎない
 集客できないのはニーズに合っていないから
→ニーズは直接参加者に聞こう

・最初は年に1度のイベント主催でもOK
 最初はお試し価格でもよいが、いずれ卒業する必要がある
 その期間を決めること、正規料金の理由を説明できること

・家族の協力を得るには準備が必要(突然の相談・決意表明は×)
 相手を持ち上げること
 しんどいとは言わない、「仕事をして幸せ」

・家族には必ず迷惑はかかる
 迷惑をかけずに仕事することはできない

・育児で時間がないのは言い訳にならない
 いつになったら時間ができるのか?多分それは今後ない
(親の看護、自分が病気になるetc 未来は予測できない)

・ゆるべじ、手帳術、セルフカウンセリング、があな吉さんを変えた3つ

・どこまでブレークダウンできるか、1個ずつ自分のできることから
 これが起業と手帳術に共通する表現

これを聞いて、すごく勇気が湧いた。
最近、1日8時間労働ってどうなの?と思っている節もあり、
今後の働き方を考えていたところだった。
起業に興味がないわけではないが、今すぐに、ということではない。

でも、あな吉さんがこう言った。
「『やりたいやりたい』と毎回合う度に言う人がいるけれども、
 一歩前に踏み出せるかどうかが、その人にかかっている」


私は一歩踏み出せる人でありたい。


まずはできるところからやろうじゃないか、と思えてきた。

あな吉さんのブログにもセミナーのことがありました。こちら
あな吉さんのお料理教室も本もお勧めですよ~。

-----------------

さて、その講演会で、お友達のLeaさんとお会いできた。
Leaさんとは1回しかお会いしたことがないんだけども、
しかも当日5時にお互いがセミナーに行くと知ったんだけど、
盛り上がって飲みに行くことに。万歳、twitter!

『不良妻』です、私たち(笑)。その時のLeaさんのブログがこちら

Leaさんは「アトリエ・イド」という素敵な活動をされています。
私もずーっと行きたいなと思っている場所。
今日はビールを飲みながら、お互いのお話をしました。
a0157237_2334289.jpg

去年、知り合った前後に不良妻の会を開催されていて、
今年行きたい!と思って聞いてみたら、集まれる人数にも限りがあるので、
支部会みたくして、各地で不良妻の会を行いたい、なんて話になり、
川口方面の支部長やりたい!と立候補してきました。

美味しいお料理食べて、美味しいお酒飲んで、語っての会。
ビールが美味しい時期に開催したいと思います。

素敵な出会いに感謝。
[PR]



by hasekei_kei | 2010-05-22 00:00 | jibun-migaki

[四季]55steps

先日の上野芸術リーラボに感化され(←単純)、
自宅近くのリリアのHPを観ていたら、来週、劇団四季!
好きなんだけども、そう言えば観ていないと思い、チケット購入。
18時半スタートなので、通常なら難しいのですが、
その日に限って直帰できそうな感じでラッキー。
最近、シンクロニシティ、続いています。

55steps

そして当日。
3階席だったので、少々見づらかったのですが、
面白い角度から鑑賞できたし、
遠目で見ても、その肉体美というか、ダンスの素敵さや、
うわっと包み込まれる音楽との一体感とか、
そういうものを久々に体験して、とっても嬉しかったのです。

思えば四季歴は中学の修学旅行で観た
「クレージーフォーユー」から。
今時、というか当時もだけども、TDL行かないでミュージカルって
どうなのよ、と不満タラタラだったけども、観たら最高だった。
それから、何度か観ている四季のミュージカル。
やっぱり好きだなぁって思った。

途中、お客さんがステージに招待される場面あり、
最後は総立ちで何度も何度もアンコールだったし、
というわけで、近々、四季会員になろうと思います。

四季好きの方、ご一緒しましょう♪
[PR]



by hasekei_kei | 2010-05-21 00:00 | odekake

[本]横森式おしゃれマタニティ(産後編)&子育て(早期教育編)

横森式おしゃれマタニティ 産後篇 (文春文庫PLUS)横森式おしゃれマタニティ 産後篇 (文春文庫PLUS)

文藝春秋 2004-05
売り上げランキング : 148337
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
横森式おしゃれ子育て 早期教育篇 (文春文庫PLUS)横森式おしゃれ子育て 早期教育篇 (文春文庫PLUS)

文藝春秋 2006-07
売り上げランキング : 44811
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
面白くて一気に読んでしまった2冊。
産褥記2に続き、産前産後には必読の本か!?
産前産後の「コレは」という情報も載っているし、
何より、子どもの成長とともに妊産婦のことが記録してある。
こういう視点で描かれた本ってまだ日本には少ないんだよなぁ。
それでいて軽快。おしゃれ。これがいい。

その中で一番心に残ったフレーズがこちら。

「人一人の命を24時間休みなく預かるのって、
慣れない人にとってはほんとに大変なのだ。
育児なんて母親ならできてトーゼンってみんな思うけど、
すごい責任重大なことだもん。
その重圧に耐えきれないわけよ。荷が重いの。」

さらっと言ってのけるところが横森さんのカッコいいところ。
そうだよねー、そうだよねー、なんて思いながら読みました。

他のシリーズも読もう!
[PR]



by hasekei_kei | 2010-05-20 00:00 | book

[本]「年収6割でも週休4日」という生き方

「年収6割でも週休4日」という生き方「年収6割でも週休4日」という生き方

小学館 2009-10-28
売り上げランキング : 10715
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
年収が6割になっちゃうと困るんだけど(笑)
ワークバランス関係の本かと思い、手に取ってみました。
期待した内容とはちょっと違う感じ。

ただ、「労働時間1日8時間、じゃない働き方」は
今後、考えていこうと思うこと。

筆者のライフスタイルが垣間見れた1冊ではありました。
[PR]



by hasekei_kei | 2010-05-19 00:00 | book

日々のことを思うままにつづります。
by hasekei_kei
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
bangkok
workshop/ours
workshop/WSD
workshop/others
delicious!
pan-kiso
ayuka & yushi
about me
jibun-migaki
odekake
okaimono
beauty
book
ninpu
daily
未分類

最新の記事

hua hin vol.1
at 2015-10-25 17:00
international ..
at 2015-10-13 15:55
new school, ne..
at 2015-08-26 16:30
no title
at 2015-04-17 14:16
chiangmai vol.2
at 2015-04-11 22:00

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧