マイニチ歩コウ

Module 2 end & 3 start

4週間に渡るタイ語 モジュール2が終わり、3へ進みました。
毎日通うのは大変なんじゃない?と言われますが、
とにかくこのクラスは楽しくて、あっという間に過ぎた感じ。

新しく習う構文やボキャブラリーで一人一人例文を作ったりするのですが、
毎日何かしら笑ったり、横道に逸れたり、
時折、国の違いを考えさせられることを発見したり。
クラスメイトと先生に恵まれたモジュールでした。

a0157237_10471953.jpg

最終日は先生囲んでランチはディムサムと北京ダック!

a0157237_10472029.jpg

美味しい!!

ちなみにタイ語がどれぐらいになったかと言うと、
クラスでの先生のタイ語(ゆっくり)は分かるように、
クラスでの会話はタイ語6割、英語2割、母国語2割な感じ。

アヤさんとの会話ができるようになったのが大きな進歩。
ただやっぱり早過ぎて細かなニュアンスが分からないことも…

a0157237_10472240.jpg

最近、使い始めたのがNHK worldのラジオアプリ。
かなりたくさんの言語でニュースが入っていてびっくり!

聞いてみると早さとボキャ不足とでやっぱりわからない…
ただ単語はちょこちょこ拾える感じ。
分かりやすいはっきりした発音なので、
これがモジュール3でどこまで行けるかな。

モジュール3になったら、ボキャブラリーが倍増で、
前のクラスメイトと四苦八苦しています。
このモジュールが過ぎれば文字に突入なので、
めげないで頑張って行こうと思います。
[PR]



# by hasekei_kei | 2014-10-06 10:30

China Town

日曜日、家族で中華街、ヤワラートへ。
スクンビットからローカルバスに乗り行ってみました。

スクンビットからは25か40番のバスに、とのことで、
25番に乗ったのですが、これがヤワラートへは行かないとのこと!
次のバス停で「降りて、降りて!」との声に一旦降りると、
すぐ次の50番バスが来て、乗ることができました。
(恐らく25番のエアコンなしバスがヤワラートへは行かない模様)
バスは1人12B(40円弱!家族で乗って100円ちょい)30分ほどで到着。

a0157237_1048239.jpg

キンジェー期間のヤワラートはこんな感じ。

雨も降っていたので、カントンハウスにて飲茶を。
(キンジェーメニューではありませんが…)

a0157237_10482431.jpg

その後、サンペーレンを歩き、私はお仕立て用の布をゲット。
子供たちもシールやらレインボールームやらを買って。

帰りはMRTで帰ることにしたので、ファランポン駅を見学。

a0157237_10482588.jpg

イースタンオリエンタルエキスプレスに遭遇!
すっごくテンション上がりました。
レトロな客車でとっても素敵。
シンガポールまでお値段25万円の高級列車だったとわね。

たまにはスクンビットを出るのも必要かも。

帰ったらご飯作る時間もなくて、初めて使ってみたアプリ。
food by phone

a0157237_10482743.jpg


a0157237_10482798.jpg

こんなにいろんな国の料理がデリバリーできちゃう!

a0157237_10482690.jpg

1時間ほどで到着。
今回はBaccoのピザですが、次回は他の料理を試したいなと。
[PR]



# by hasekei_kei | 2014-10-02 10:30 | bangkok

New term starts

New term starts!!

8/25から下の子のインターが始まりました。
前タームはひとつ下の学年に入れていたので、
このタイミングでジャンプアップ、学年相当のK1へ。
ひとつ下のままNusaryのクラスでもよいのかも…
とかなり悩んで、先生とも何回かお話したのですが、
すんなりK1クラスに入り、楽しくすごしており、
「Don't warry too much!!」の言葉通りだなと。

息子との日常会話の中にポッと出てくる英語が最近は面白い。

靴を履いて「wrong side?」とか、
おもちゃをごつんとすることを「No bumping!」とか。

時折、タイ語もチャンポンしてますが、
耳から音を聞いているからか、発音はよいです。さすが…

そして娘は9/1から2学期。
1学期終わりにひとり転校して、今度はひとり転入。
だいたいのクラスがそんな感じなのかも。
だからかオープンな感じが多少します。

a0157237_10211883.jpg

そして私のタイ語も再開!モジュール2になりました。

前のクラスメイトに再会したら「khit thun‼︎」と。
khit=考える、thun=〜まで(from A to Bのto)で I miss you、
タイ語はこんな感じでへーっ!と思うことがしばしば。

モジュール2の先生はほぼタイ語で、
しゃべるスピードも早くなってきました。
出てくる単語の量がモジュール1より倍増なので、
覚えることに苦戦していますが…

新しいクラスメイトもいい感じの人が多く、
毎日の授業が楽しいのは何より!

それぞれの New term 楽しんでいきます。
[PR]



# by hasekei_kei | 2014-09-09 10:00

ドリームマップ体験!

お友達がアレンジしてくれて、ドリームマップの体験会に参加!

講師は一般社団法人 ドリームマップ普及協会 代表理事の秋田稲美さんです。
秋田さんは今、アジア各国を回られているとのこと。
パワー溢れるとても素敵な方でした。

最初はアジア各国、特にタイの地方にある孤児院を訪れての話や、
基本的なドリームマップの考え方などをお話いただき。

それだけでも十分来た価値がありましたが、
後半はドリームマップのプチ体験。

当日は3歳の息子を連れて行き、彼も作ること45分…

a0157237_13195940.jpg

こんな作品が出来上がりました!
上が私の、下が息子の作品です。

コラージュはやったことあるけど、やっぱりいいなぁ、
手を動かすことと、視覚から入ることや。
やりたいなぁ、と言うことをイメージすること、
そして最後に言語化すること、とても大切だと再認識。

それ以上に今回、面白かったのは息子の作品。

「ママ、これ切って!ぺったんするの」

「ママ、つぎはこれ!」

とにかく早い。
雑誌をめくってコレ、と指差すスピード、
あぁ、子供の好きってこんなにシンプルなんだ、と。
大人の私は、インスピレーションで、選んでいるつもりでも、
どこかで頭を使っていたような気がします。

で、出来た作品も面白くて。

ドリームマップ的に、数年後(3年後、5年後…)をイメージして、
左下に物、右下に心、左上に社会、
右上に(幸せにしたい)他人を貼るのですが、
それを知らずにして、下側には自分のほしい車の写真を、
右上には人の顔の写真を、左上には建物を貼った彼。

a0157237_1320194.jpg

発表するときも、とても嬉しそうで、
その日は「これ作ったんだよ!」と他の人にも話していました。

ちょこちょこ動き回ってご迷惑かけた彼ですが、
彼から学んだことも多くあったなと、わ

自分のマップから出てきたのは、

・居心地の良い家
・ダイビング
・着物、ファッション
・食
・タイ語や英語、他の国の友達
・海外で働く、住む


など。
本格的なマップを作りたくなっちゃった!

他の子供たちの夢もとてもピュアで、
その感性を大切にしてあげたいなと。

ちなみに息子に大きくなったら何になりたいか聞いたら、
「くるま!」と即答。
よく話を聞くと、車の運転手になって、
ママやパパ、ねぇねをいろんなところに連れて行きたいそう。
子供の夢の先には身近な大人の笑顔があるのかもしれない…


また、アジア各国を回られている秋田さんと姪っ子ちゃんのお話もものすごくて…
久しぶりに心が動いた週末でした。
[PR]



# by hasekei_kei | 2014-08-19 13:00 | workshop/others

HMCY 旅のコツ

今回の旅行、思いの外楽しめたので、
コツと言うか気を付けたポイントをご紹介。

① フライトは無理ない時間帯に

ホーチミン行きはエアアジア等もあったのですが、
少し高くはなりましたが、今回はベトナム航空で。
なぜなら、エアアジアはバンコク着が夜中になる便だったので。

行きは昼便、帰りは朝便で、到着してからも不安のない時間に。
空港で起きていてくれる(=自分で歩ける)のは助かります。

②観光は無理ない範囲で、詰め込まない

初めての都市なので、最初は現地でツアーでも、と思いましたが、
ホーチミン市内観光、クチ地下トンネル、メコン川クルーズ…
息子と一緒に楽しめるか、と考えたら?で。
ベト飯を楽しむことを目的に、観光はホテル周辺の散策に留めることに。

パパの手があるときはよいかと思うのですが、
現地ツアーは一緒に参加する人に合わせなくてはならず、
逆に迷惑かけることもあるので、避けて正解かと。

ホテル徒歩圏内にオペラやベンタイン市場があり、
空港からの道中で名所を車窓から観れただけでも
十分楽しめたのがホーチミンのよいとこでした。

ホテルをどこにするかもポイントなのかも。
今回はドンコイ通り沿いにしておいて正解!

③子供が食べられる料理を見つけておく

今回の旅で言えばフォーやブン。
息子は少々辛くても大丈夫でしたが、
必ずシンプルなものをひとつはオーダーしておくこと。
チャーハンもあるのですが、子供によっては米が違って嫌がることも。

食についてはもうひとつ。
大人もあまり冒険しないこと。
屋台なども食べたいなぁと思ったのですが、
自分が体調崩したらダメなので、今回はパス。

④抱っこひも持参

日常生活では全く使いませんが、旅には持参。
お昼寝してしまって荷物がある時には便利。

でもなるべく歩けるときには歩かせる。

ホーチミン街中は歩道もしっかりあるので、
バンコクに比べたら歩きやすいこと限りなし!
慣れていないと道を渡るのも大変ですが、そこは慣れたもの。

ただホーチミンはバンコクに比べてバイクが多い。
しかもバイクは反対車線も走るので、よく見て渡るのが大切。

⑤荷物は最低限に

4日分ですが、こんな感じ。
・息子の服 4日分+2着ほど
・自分の服 4日分 ボトムは着回し
・パジャマ、水着(ヘルパーも忘れずに)
・洗面道具、メイク用品
・ガイドブック
・オムツ、おしりふき

機内持ち込みサイズでコンパクトに。
行きは持ち込み、帰りは預け入れにしました。

何か体調崩した時の用にレメディーと、
ホテルでリラックスするためのオイルは忘れずに。
今回、シャンプーを忘れて現地で購入しました。

a0157237_16455892.jpg

こちらは亜莉さんにオススメされた本。
私も一度だけ行ったことあるベトナム料理教室の主宰、
伊藤忍先生が書かれた本でベト飯を知るにオススメな本!
朝昼晩おやつ、と分かれていて眺めているだけで面白い。
お店情報がちょっと分かりにくい構造になっているので、
これにガイドブック併用で最強かと思います。


子連れ二人旅なので、行動範囲も狭く、
ドンコイ通りを行ったり来たり。
それでも楽しめたのはベト飯のおかげかも、

バンコク滞在中に伊藤先生とのツアーに参加したいぞ…
とベト飯にはまりそう。。。

子連れ旅、母子旅のご参考にしてください☆
[PR]



# by hasekei_kei | 2014-08-16 11:30

日々のことを思うままにつづります。
by hasekei_kei
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
bangkok
workshop/ours
workshop/WSD
workshop/others
delicious!
pan-kiso
ayuka & yushi
about me
jibun-migaki
odekake
okaimono
beauty
book
ninpu
daily
未分類

最新の記事

hua hin vol.1
at 2015-10-25 17:00
international ..
at 2015-10-13 15:55
new school, ne..
at 2015-08-26 16:30
no title
at 2015-04-17 14:16
chiangmai vol.2
at 2015-04-11 22:00

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧